マンション管理会社を選ぶ前にランキングで下調べするべし

ニーズは今後も増えそう

ハンドシェイク

連帯保証人代わりです

アパートやマンションを借りる際、家賃保証会社というものを利用する借り手が増えています。家賃保証会社は、従来の連帯保証人に代わる役割を果たすものです。つまり、借り手が家賃を支払うことができなくなった場合、借り手に代わって家主に家賃を支払ってくれるのです。もちろん、借り手は立て替えてもらった分の家賃を後から家賃保証会社に弁済しなければなりません。なぜ、家賃保証会社の利用が伸びているのでしょうか。そこには、社会の変化があります。核家族化が進んだことで、両親や親族に連帯保証人を頼みづらい風潮が広がってきています。また、連帯保証人を用意することができない身寄りのない高齢者も増えてきました。こうした人々にとって、家賃保証会社のようなサービスはありがたいものです。

業界団体の加盟社なら安心

家賃保証会社に依頼する場合、クレジットカードを作る場合と同じような審査を受ける必要があります。ただ、大きな借金などがなければ、通る可能性が高いです。条件の良い部屋を見つけたのに連帯保証人がすぐに用意できない場合でも、スムーズに契約することができます。また、家賃保証会社の利用は、アパートやマンションを持つ家主の側にとってもメリットが大きいです。家賃が回収不能となるリスクがなくなるためです。家賃保証会社は近年急速に発展してきた新たな業界ですから、どのように会社を選んだらよいのか分からないかもしれません。そんな時は、不動産会社が仲介している家賃保証会社を探してみるのもいいでしょう。不動産会社と連携がとれている保証会社は、サービス内容が充実しているところが多いようです。